スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新規募集

半年ぶりの更新になってしまいました。
昨年度の後半は受験生が多かったこと、アルバイトで頑張ってくれていた子が卒業するなどで非常に大変だったのですが、終わってみると生徒が一斉に卒業や引っ越しなどで減ってしまいました。
「ちょっとこれはまずいかな・・・」と思っていたところに新規の申し込みが何軒か。
卒業された生徒のご家族の方が紹介してくださったようです。
未だに宣伝PRの類はHPのみ、という方針でやっていながら
こうやって紹介して頂けるのは嬉しい限りです。
かなり昔に卒業した生徒の紹介というのも先日ありました。
人の縁というものを大切にしなければ、と思う次第です。
スポンサーサイト

進路

夏期講習も半ばにさしかかっています。受験生の子達は大変そうです。
また、今日まで高卒認定試験があり、チアサポートスクールの子達が二人受験しています。

私たちは勉強教えるのが仕事ですし、受験指導だとまず合格するためのノウハウを伝えることが第一の仕事になります。
ただ、それでも気をつけているのは、進路を偏差値やランクだけで選ぶのではなく、自分のやりたいこと、将来の夢に繋がるような形で選んでいく、という点です。

長年やっていると卒業した子達も大勢いますし、就職して凛々しいスーツ姿を見かけたり、突然「結婚しましたー」と言われてみたりすることも増えて来ました。
塾は卒業してしまえばその子の今後の人生に関わっていくことはできませんが、みんなそれぞれに自分の人生を歩んでいくんだということはそのたびに考えてしまいます。
将来の長い人生にわたってプラスになるような選択を選ぶ手助けをしてあげられただろうか、という点ですね。

もちろん、中高生のうちから将来のビジョンを思い描いている子はそう多くはありません。そういった子達には出来るだけ視野が広く取れて人生の選択肢が広がるような道を勧めるように心がけています。
進路やおおまかな希望が決まっている子の場合、そのために今何が必要なのか、何をしなければいけないのかを出来るだけ具体的に示します。ちょっと大げさですが、「夢」と現実との間の橋渡しのような意味もある仕事だと思っています。

まあ、重たいだけでなく嬉しいこともあります。
基本的にアークは数学が苦手で来ている子が多いので、中々理系を選択してくれる子が少ないのですが、今年は理系を選んだ高校生が結構います。しかも女の子が多い!
1人の子は先日「宇宙関係の学問をしたい」という旨教えてくれました。自分も宇宙大好き人間ですので非常に嬉しかったですね。
もちろん、理系として必要なことを伝え、夢が継続できるようにしないと、とは思うわけですが。

進路といえば、意外な形で生徒のその後を知ることもあります。
チアの学習会でもお話しましたが、最近の極めつけはアナウンサーでしょうか(笑)迷惑がかかりそうなので名前は出せませんが、ネットでも結構評判が良いようで、意外やら嬉しいやらです。
有名人になったから、というわけではなくて、その子は人前に出るどころが学校で発表とかするのもためらうようなおとなしい子だったからです。
大学での四年間でどんな心境の変化があったのかは判りませんが、あの子が立派に頑張っている姿を見ると、こちらも勇気付けられますし、子供の将来って無限に可能性があるんだな、と思います。

子供達の将来をより高く、広いものにしてあげられたら、と思う次第です。

夏期講習

夏期講習が始まっています。お勧め参考書の予告記事なども書きたいところですが
中々ままならないです(><)

今年はチア・サポートスクールとアークアカデミーの夏期講習を二本立てで行っています。
午前中をチアサポートスクール、午後をアークアカデミーに振り分けているので
授業後サポートスクールの子供達が御弁当を食べ終わるとアカデミーの子供達が来る、みたいな状況です。
でも、この不況時に仕事が忙しいということは感謝しなければいけないところでしょうね。

サポートスクールの夏期講習は15日間に圧縮させて貰い、残った午前中の日時で数学特別講座を募集したところ、非常に多くの申し込みを頂きました。午前中枠を使うはずが収まりきらず、一部の子には午後に相当枠を組んで移動して貰ったほどです。

アークは基本学習全般の指導まで含めた個別型の学習塾、というスタイルなのですが、こうした特定の科目に特化した学習塾、という形態も結構需要はあるように思います。ただ、要望が多い理由が、「数学が苦手だから」というのが非常に多いというのが気になるところ。
勉強の中で数学がネックになっている子が非常に多い反面、昔に比べて数学が得意な子にあたることが少なくなっています。これもゆとり教育の遺産なのでしょうか。

数学は、実生活とは無関係な科目であると思われている方も多いかもしれません。確かに個々の演算の手法や解き方を日常生活で活用する機会はあまりでしょう。

しかし、これは生徒や保護者の方にも強調しているのですが、数学を解く力は
問題の要点を見抜く。
条件や範囲を客観的に把握する。
与えられた条件から解法へ向かう道筋を模索する。
といった力を必要とします。実生活で、様々な問題がこじれたとき、要点や本質を見抜く資質は必要ですし、状況を客観的に把握することも解決への糸口になります。さらに、与えられた条件を満たしながら解決策を探していく、という過程は物事を運営したりしていく上で必須の能力のはずです。

私は理数系なので、「数学は役に立たない」という意見にはいくらでも反論が出てきます。ですが一ついえるのは、苦手な子が数学をある程度できるようになることも必要ですが、苦手が克服されたとき、あるは本来数学が得意な子である場合でも、さらに数学を深く勉強して欲しい、ということです。
数学の本質的な有効性というか、その人の人生にどう役立つのか、という部分は、得意科目として体得していってこそ見えるものだからです。

以前、夏休みは不得意科目だけでなく得意科目も伸ばすべきだ、というお話を書きましたが、個人としては数学が得意な子はさらにその能力を伸ばして、今後の人生に役立てて欲しい、と思っています。

ミス!

ついさっき気付いたのですが、下書き状態の記事をそのままのっけてしまっていました。
「都立生 理系のための~」というやつです。
出来れば参考書の紹介などもしたいと思い止めていたので近日中に書き上げます。
なんかブログ拍手まで頂いていたのに申し訳ないです(--)

評判

公式HPにリンクされてから控えてしまっていましたが、日記を少し。

塾というのはサービス業ですので、どうしても良し悪しについて批評される事は避けられません。
幸いというか、うちの塾はあまり宣伝もせず、口コミ中心で続けられています。
気に入っていただいたご家庭からの紹介で次々と人の輪が広がっていくような感じです。

むろん良いことだけではなくて悪評お受けする事も時にはあります。
自分だって学生自分は教師の陰口を言った事がありましたし
父兄として学校等にかなりキツイ事を言ったこともあります。
講師として不備があった場合はむしろ指摘していただいたほうがありがたいとも思いますし。

ただ・・・自分的にそれなりに良好に終われたと思っていて、一年以上たってから
うちの塾を批判していたと他の人から伝え聞くのは割とショックですね。
当人がこっちに漏れ聞こえていると気づいていないご様子の場合は特に・・・
陰口叩くなら直接言ってくれーと思いますが、まあでも、これは愚痴ですね(笑

気持ちを切り替えて、明日からはポジティブにいきましょうw
プロフィール

みやせん

Author:みやせん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。