fc2ブログ

節電と勉強時間

暑い日が続いています。世の中は節電が声高に叫ばれ、各ご家庭でも様々な対策をなさっていることと思います。

受験生を抱えるご家庭の場合、そういった風潮とお子さんの健康管理の両面から考えなければならないので、大変だと思います。

暑いとどうしても集中力が落ちますので、空調はつけてあげたいところです。しかし、長時間冷房を効かせた部屋で勉強を続けていると、今度は頭痛や微熱などいわゆる「クーラー病」的なものが出てくることもあります。
普段は活動的なお子さんが、夏になると部屋でじっと勉強する時間がどうしても増えてしまうので、こうした点に対しての意識と対策は必要かと思います。

ご自宅で勉強される場合、出来るだけ早起きを心がけて、涼しい午前中に勉強したほうが良い、というのは一般に言われている通りです。さらに付け加えるなら、その時間帯は数学や理科など、思考力を要する科目に向いている時間帯でもあります。
逆に午後や夕飯前後の時間帯は英語や社会、特に暗記系は就寝直前が良いといわれています。

一日中勉強しているとお子さんも気持ちが煮詰まりますし、ずっとクーラーにあたりっぱなしでも健康面で非常に良くないですので、早朝から午前中と夕刻以降を基本的な勉強時間にあてて、日中は自由時間にあてるというような工夫が良いでしょう。
といってもありきたりですが、例えば早起きできなかったら午後の自由時間無しの約束にするなど、あれこれと工夫してお子さんを誘導してあげてください。

ちなみに夏期講習など塾で長時間過ごすことになるお子さんの場合、外気温と室内との温度差で偏頭痛などを起こす場合があります。特に女の子は身体を冷やしすぎないよう薄手の羽織り物を持たせる、帰宅直後はまず水分を取らせるなど対策が必要です。発汗が見た目より多くなる時期ですので、帰宅直後はスポーツドリンクを飲ませてあげると、水分補給と同時にミネラルバランスの崩れ(頭痛の原因となる場合があるそうです)も防げるようです。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みやせん

Author:みやせん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR